《楽天》毎月5と0のつく日はポイント5倍

【マザーズハローワーク】ママの仕事探しに強い味方

スポンサーリンク

「マザーズハローワーク」は、ハローワークの母親版です。

働きたいママのための就職支援をしています。(シングルマザーでなくても利用できますよ 🙂

私はもう子どもたちがある程度大きくなっていたのですが、母子家庭支援の一環でマザーズハローワークを利用させてもらいました。

スポンサーリンク

マザーズハローワークって?

子どもを育てながらの就職活動は本当に大変ですよね。特に小さい子どもがいたりすると…

そんなママの就活を支援してくれるのが「マザーズハローワーク」です。

厚生労働省が無料で行っている「ハローワーク」(公共職業安定所)のママ版で、子育てと仕事を両立したいママの強い味方になってくれます。

またハローワークの中に1コーナーとして設けられているマザーズコーナーもあります。

どちらも以下のサイトから、お近くのマザーズハローワーク・マザーズコーナーを探すことができます。

参考 厚生労働省マザーズハローワーク・マザーズコーナー

マザーズハローワークとハローワークの違い

マザーズハローワークと通常のハローワークの違いは大きく3つあります。

子育て中のママ向け求人に特化している

通常のハローワークでは見ることのできない、働くママに理解のある企業からの採用情報を公開しています。

育児支援制度がある、社内に保育施設がある、残業が少ないなど、ママを支援する企業の求人が集まっています。

マザーズハローワークやマザーズコーナーに設置された求人検索端末では、ハローワークでは検索できない子育て中ママのニーズに合わせた検索項目があります。

子どもと一緒に利用しやすい

マザーズハローワークにはキッズスペースや授乳室があり、子どもと一緒でも気軽に訪れることができます。

キッズスペースには保育士有資格者などが配置され、ベビーカーでそのまま入れるスペースもあります。

託児サービス付きセミナーの開催

就職に向けたセミナーの実施、職業紹介面接時の子どもの一時預かりなどの業務も行っています。

マザーズハローワークの利用方法

求職者登録

受付で初めて来たことを伝えると、求職申込書の記入を指示されます。

氏名、現住所、希望職種、希望雇用形態などを記入し、求職者登録をします。

求職者登録ができると、ハローワークカードが発行され、求人検索端末が利用できるようになります。

個別相談

受付が終わると番号札を渡され、個別相談の窓口で順番に呼ばれます。

この時、担当者が決まり、仕事が決まるまで親身に相談に乗ってくれます。

求職申込書に記載した内容に基づいて、職歴、家庭の状況、希望する職種や労働条件などを確認され、希望に合った仕事を検索してくれます。

この時、履歴書の添削などもしてくれます。

私は離婚後、かなり家計が圧迫していたので、そのことを伝えると「生活自立・仕事相談センター」も紹介してくれました。仕事だけでなく、家計全般の相談にも乗ってくれ、助かりました。

職業紹介

希望に合う仕事が見つかると、担当者が企業に連絡を取ってくれ、面接日を決めてくれます。

紹介状を書いてもらい、面接を受けます。

次回予約日を決める

次回の面談日を決めて、この日は終わりです。

 

ここまでの所要時間は大体30分~1時間くらいです。

仕事が決まるまで、個別相談~次回予約までを繰り返します。

まとめ

子どもがまだ小さいママや、離婚後の仕事探しは本当に大変です。一人で探すのにも限界があります。

マザーズハローワークを上手に利用して、希望に近い仕事をぜひ、見つけてください。

 

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 小遣いブログへにほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

スポンサーリンク

2 COMMENTS

やすらぎ

ランキングから来ました。
マザーズハローワークってあるのですね。
初めて知りました。
情報ありがといございます。

返信する
yumify723

コメントありがとうございます。
そうなんです。私もシングルマザーになるまで知らなくて…
何かしらお役に立てたのならよかったです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です